自然民族占い(診断)とは!?

2019年6月7日自然民族占い

自然民族診断

私達が生きている自然界は、「5種類の自然エネルギー」により構成されています。自然界の1要素である、私達も5種類の自然エネルギーにて、形作られているという観点から誕生したのが「自然民族占い」です。

ここでは

*自然民族占いとは、何か?

という「基本原理(原則、仕組み)」について、お話したいと思います。”自然民族占い”に興味を持っていただける、きっかけとなりましたら幸いです。

自然民族占いの基本原理

5種類の自然エネルギー

”自然民族占い”は、自然界を構成している「5種類の自然エネルギー(火・水・金・土・風)」の特性・働きを理解した上で、「自然の流れ」「運気の流れ」を見極めていくことをベースとしています。

ゆえに、他の占い(一般的な占い)と大きく異なるのが

*自然と共生(同調)していくこと。

を一番の目的としている点です。

一般的な占いは

*未来を見通す事(推察)

を目的としているケースが多いもの。

”自然民族占い”は、どちらかというと「四柱推命」や「風水」などと近い存在なのかもしれません。

民(たみ)と族(ぞく)

まずは”自然民族占い”にて、最重要要素となる言葉の定義をご紹介しておきたいと思います。それが・・。

●民(たみ)と族(族)

という分類です。

私達(生命体)は、「心(魂)」と「体(身体)」から成り立っています。

そして、それら「心(魂)」と「体(身体)」は自然エネルギーにて構成されているのです。

自然民族占いでは、心(魂)のエネルギー分類を「民(たみ)」と呼び、体(身体)のエネルギー分類を「族(ぞく)」と呼んでいます。

5種類の自然エネルギーの中で、どの自然エネルギーが主となっているのかによって、分類。

心(魂)のエネルギーに関しては

●火エネルギーが主となっている人が「火の民」
●水エネルギーが主となっている人が「水の民」
●金エネルギーが主となっている人が「金の民」
●土エネルギーが主となっている人が「土の民」
●風エネルギーが主となっている人が「風の民」

となります。

体(身体)のエネルギーに関しては、同様に

●火エネルギーが主となっている人が「火族」
●水エネルギーが主となっている人が「水族」
●金エネルギーが主となっている人が「金族」
●土エネルギーが主となっている人が「土族」
●風エネルギーが主となっている人が「風族」

となります。

25種類の自然民族

25種類の自然民族

私達は、5種類の心のエネルギー(民)と5種類の体のエネルギー(族)との組み合わせによって、「25種類」に分類することができます。この25種類の分類を”自然民族(しぜんみんぞく)”と呼んでいます。

例えば、火の民さんの場合、「火の民火族」「火の民水族」「火の民金族」「火の民土族」「火の民風族」の5つの自然民族さんが存在しているのです。

あなたが、どの自然民族さんなのかは、こちらの自然民族診断を行っていただくことで、知ることができます。

  1. 自然民族占い【火の民】編!
  2. 自然民族占い【水の民】編!
  3. 自然民族占い【金の民】編!
  4. 自然民族占い【土の民】編!
  5. 自然民族占い【風の民】編!

自然エネルギーの基本特性

自然民族占いでは、自分の自然民族タイプを知っておくことで、「その日の自然環境との相性を知り、どのように対応していけば良き結果に繋がりやすいか(運気)」がわかったり、「他人との付き合い方(人間関係)を良好に保つ」ことが可能となります。

そのために、まず理解しておかなければいけないのが、「自然エネルギーの基本特性」です。

1)火エネルギーの基本特性

火エネルギー

●火エネルギーの実体:熱・赤外線

火エネルギーが実体化した存在が「熱」「赤外線」という要素です。火エネルギーの本質として「熱」「赤外線」をイメージしていだたければと思います。

●自然界の火エネルギー要素:炎・太陽・マグマ

自然界にて、代表的な火エネルギー要素となるのが「炎」「太陽」「マグマ」です。

自然界の火エネルギー要素からも想像できるように、火エネルギーは「心身を動かす原動力(燃料)」です。

*エネルギー不足で気持ちが前向きになれない

などという場合、不足しているエネルギーというのは”火エネルギー”を指しています。

2)水エネルギーの基本特性

水エネルギー

●水エネルギーの実体:冷気・水

水エネルギーが実体化した存在が「冷気」「水」という要素です。水エネルギーの本質を表す要素となっています。

●自然界の水エネルギー要素:海・川・雨・雪・氷

自然界にて、水エネルギーを代表する要素となっているのが「海」「川」「雨」「雪」「氷」です。

水エネルギーの多い自然環境となったときは、海・川の動きが激しくなり、雨・雪などが降ります。

水エネルギーは、「浄化」と「生命の育み」を主に担う自然エネルギー。水エネルギー不足は「衰退」を招くことに繋がります。

3)金エネルギーの基本特性

金エネルギー

●金エネルギーの実体:電子(電気)

金エネルギーが実体化した存在が「電子(電気)」です。主には、原子(物質)同士を繋ぎとめる力(結びつける力)として、存在しています。

●自然界の金エネルギー要素:光(太陽光)・雷・鉱物(金属)

自然界にて、金エネルギーを代表する要素となるのが「光(太陽光)」「雷」「鉱物(金属)」です。

光は”光子(こうし)”と呼ばれる素粒子の束(可視化した存在)。雷は”電子”という素粒子が可視化した現象です。

金エネルギーは、この世の物質を形作るための”つなぎ役”なのです。

4)土エネルギーの基本特性

●土エネルギーの実体:分子・原子

土エネルギーを実体化した存在が「分子」「原子」といった要素です。自然界を実体化させる根幹的な自然エネルギーなのです。

●自然界の土エネルギー要素:大地・山・細胞

自然界にて、代表する土エネルギー要素となるのが「大地」「山」「細胞」です。

”山・大地”が自然界を形つくり、”細胞”が生命体を形作っています。

土エネルギーは自然界を支えている自然エネルギーなのです。

5)風エネルギーの基本特性

風エネルギー

●風エネルギーの実体:時間

風エネルギーは、他の自然エネルギーと特性が異なる自然エネルギー。自然界にて、実体として可視化されている要素はありません。

可視化はされていませんが、風エネルギーの実体と言えるのが「時間」です。時の流れこそが、まさに風エネルギーそのものなのです。

●自然界の風エネルギー要素:風・動き

自然界にて、代表的な風エネルギー要素となるのが「風(空気の流れ)」「動き」です。

”動き”という要素は、「時」が刻まれることによって生じる現象。時が止まっている空間では”動き”は存在していません。

風エネルギーは”時空間”を構成している自然エネルギーなのです。

自然エネルギーの相関関係(相互作用)

自然民族占いにおいて、もうひとつ大切な要素となるのが、各自然エネルギーの相関関係(相互作用)です。

それぞれの自然エネルギーがどの様な関係性(作用)を有しているのかを理解することで、自然環境とどのように接すれば良いのかがわかります。

自然エネルギーの相関関係(相互作用)には、下記3つの要素があります。

●増幅関係
●抑制関係
●活性化

1)増幅関係

増幅関係
増幅関係

お互いに、自然エネルギーの力を増大させる関係性を「増幅関係」と呼んでいます。上図のように、「火エネルギーと土エネルギー」「水エネルギーと金エネルギー」の2組の組み合わせが増幅関係となります。

この関係性は、単純に人間関係にも応用することができます。

*火の民さんと土の民さん
*水の民さんと金の民さん

の組み合わせにて、お互いに相手(相手の心エネルギー)を高め合う関係性を持つこととなります。

2)抑制関係

抑制関係
抑制関係

相互に自然エネルギーの力を削減・抑制する関係性を「抑制関係」と呼んでいます。「火エネルギーと水エネルギー」「土エネルギーと金エネルギー」の2組の組み合わせが抑制関係となります。

”増幅関係”と同様に人間関係に応用することができます。

*火の民さんと水の民さん
*土の民さんと金の民さん

の組み合わせにて、お互いに相手(心のエネルギー)を鎮めたり(沈静化)、制御(抑制)することができる関係性となります。

3)活性化

風の活性化

風エネルギーの独自性がここにも表れています。風エネルギーは、他4種類の自然エネルギーから直接的な影響を受けません。

「増幅関係」も「抑制関係」もないのです。

風エネルギーは、一方的に他の自然エネルギーを”活性化”させる力を有してます。

人間関係においても同様に

*「風の民さん」が「火の民さん・水の民さん・金の民さん・土の民さん」を活性化

させることとなります。

自然エネルギーの【陰陽】と【正負】

陰陽

最後にもうひとつ知っておいていただきたいのが、自然エネルギーには【陰陽】と【正負】が存在していることです。

・陽の自然エネルギー
・陰の自然エネルギー
・正の自然エネルギー
・負の自然エネルギー

自然エネルギーは上記「4つの形態」があります。

詳細は、こちらの記事(自然エネルギーの4形態【陰陽】【正負】)にて記していますので、ご参照いただければと思います。