「GESARA要素の具現化事例」日本でスタートしたデジタルボンド(デジタル債権)取引

雑談&その他情報

「GESARA要素の具現化事例」日本でスタートしたデジタルボンド(デジタル債権)取引

繰り返し、お話しているようにGESARAは世界各地で具現化が始まっています。

「日本」で最初にスタート!デジタルボンド(デジタル債権)の取引

「日本」で最初にスタート!デジタルボンド(デジタル債権)の取引

Qプランというと多くの人が「GESARA公開」「メドベッド」「RV(通貨価値再評価)」がいつ始まるのか?ばかりに、意識が向いているように感じています。

まあ、仕方がないと思える部分もありますが、少々視野が狭くなっている・・・そのことによって自分自身を苛立たせてしまっている(まだ来ないの?という思い)のは、残念な事ですよね。

Qプランの根幹は

カバール(DS)が築き上げた奴隷化社会・仕組みを壊滅&完全排除。その上でGESARAをベースとした新たな社会・仕組みを創出する

ことです。

奴隷化構造(社会・仕組み)は「金融」「メディア」「政治(税制・制度)」「医療」「教育」など多岐にわたって存在しています。

全世界で構築されてきた、それらの全ての奴隷化構造の壊滅・排除はGESARA公開前までに行わなければいけない要素となります。

また並行して、GESARA公開後からは、新たな社会をスタートさせるわけですから、当然のことながらGESARA公開前までに

新たな社会の基盤となる要素(様々なシステム・プラットフォームなど)を構築・稼働できる状態にしておかなければならない

わけです。

この根幹を成すのが

QFS(量子金融システム)

であり、既に末端に至るまでQFSの配備は整っています。(今まで、様々な要素にてテストも繰り返し行われてきました。)

そしてQFSを物理的な側面(通信、伝送)から支えるのが

スターリンク・システム

ということ。

こちらも、様々な場面での実用化テストは繰り返し行われており、現時点で配備は整っている状況です。

そして金融業界では、QFS(量子金融システム)を活用した銀行内の末端銀行システム(決済関連など)及び各種規制・方針の整備(バーゼル3など)がほぼ完了しています。

新たな金融システムの構築に伴い、現在具現化への取り組み中なのが

ゴールドバックデジタル通貨&デジタル債権の実用化へ向けた物理的(技術的)整備と法的整備(各国の法整備)

となっています。

ゴールドバックデジタル通貨&デジタル債権の整備がゴールドバック通貨利用開始(具現化)の必須要素に!?

デジタル通貨・デジタル債権の整備がゴールドバック通貨利用開始(具現化)の必須要素に!?

本日の本題(ニュース)にたどり着くまでの前段が長くなっていますが(笑)。もうひとつだけ、流れを理解するためにお話しておきたいことがあります。それが

GESARA公開後にスタートするゴールドバック通貨(紙幣)利用が出来るようになるためには、ゴールドバックデジタル通貨&デジタル債権の整備(物理的&法的整備)が完了している必要がある

ということです。

その最大の理由は、ゴールドバック紙幣を他の場所に送金する場合、物理的な形でゴールドバック紙幣を送付する?なんて対応はしないですよね。(笑)そんな事していたら、今まで以上に送金に至るまでの時間がかかることとなってしまいます。

そこで必要となるのが

ゴールドバック紙幣をゴールドバックデジタル通貨を介する形で送金する

という仕組みです。

金に裏付けされた紙幣を金裏付けデジタル通貨に変換。QFSを通じて送金するわけです。

GESARA公開後からは、早々に上記の金融システム(送金システム)を稼働させることとなりますのでGESARA公開前までに

ゴールドバックデジタル通貨&デジタル債権の整備(物理的、法的)

を完了しておく必要があるわけです。

日本の大手小売企業マルイ(OIOI)が直接デジタルグリーンボンド(デジタル債権)を発行

日本の大手小売企業マルイ(OIOI)が直接デジタルグリーンボンド(デジタル債権)を発行

ようやく本題にたどり着きました(笑)。当該出来事(ニュース)の重要性を認識していただくためには、どうしても前段の理解が必要でしたので。

先月(5月)の出来事となりますが

日本の大手小売企業マルイ(OIOI)が直接デジタルグリーンボンド(デジタル債権)の発行

を開始しました。

デジタルボンド(デジタル債権)の発行は世界初の出来事(日本が最初の国に)

となります。

毎回の事ではありますが、今回も敢えて言わせていただきます。

「日本」はGESARA要素の整備がとても進んでいる国(最先端)

なのです。

日本の政治演劇を演劇として捉えられていない人は(苦笑)・・・日本の改革が遅れている(進んでいない)と未だに思っているようですが、ご心配なく。

GESARA公開前までに整備しておかなければいけない要素は、きっちりと対応している状況です。

現在「日本」でも、ゴールドバックデジタル通貨&デジタル債権の整備の推進中の状況です。