【Qプラン】人道的計画への支援金&還付金・UBIとは!?資金源と最新情報

雑談&その他情報

人道的計画への支援金

ここまでWHから語られてきている「Qプランに関連する各種資金援助&給付」に関する情報の精査と備忘録となります。

人道的プログラム保持者への支援金などの「資金源」

人道的プログラム保持者への支援金

Qプランにおける「人道的プログラム保持者への資金提供(支援金)の仕組み(ティア1~4)」に関しては、下記記事をご参照いただればと思います。

ここでは、まず「人道的プログラム保持者への支援金及びUBIなどの資金源」に関する情報(現時点で有効と思われる情報)をご紹介したいと思います。

莫大な資金を有する「3つの資金源」

莫大な資金を有する「3つの資金源」

Qプランでは全世界を対象とした「人道的計画保持者(国・団体・個人)への支援金」及び「GESARA開始後(公開後)に予定されている不当な税金・利息の還付&UBI」など大きな資金提供(資金の流動性)が実施される予定です(既に実行中のもの有り)。

これらの情報に対して

「そんな莫大な資金がどこにあるの?」

といった疑問を持つ方も少なくないかと思われます。

しかしWH情報として、これらの資金提供の施策を十二分に賄え・継続していくことが出来る「莫大な3つの資金源」が存在していることが語られています。それが

1)DSから奪還した莫大な金塊

2)中国のドラゴンファミリー(長老たち)が保有し続けてきた金(GOLD)

3)古の時代から蓄積・隠されて続けてきた資金

です。

1)DSから奪還した莫大な金塊

1)DSから奪還した莫大な金塊

DS支配の世界が数百年以上(もしかしたら数千年単位)続く中、全世界の人々が創出した「資産」の約90%以上が毎年世界人口の1%の割合にも満たない一部のDSによって搾取され続けてきたと言われています。

それらの資産は「金(GOLD)」という形で保管・隠され続けていました。

そんなDS資産を世界各地からWHが奪還。「バチカンの地下トンネル」から奪還した金(GOLD)だけでも、日本円換算で「3垓以上(まあ、数字の信ぴょう性はあくまでも目安程度で)」とも言われています。

これだけで少なくとも数字上「数千年以上」はGESARA世界の資金を賄えることに(苦笑)。まあ、バチカン資金の「3垓~」が間違いだったとしても、世界各地からDS資産(GOLD)が奪還されていますので、十二分な資金源であることは間違いないと思っています。

当該資金(GOLD)は、まず盗まれ・搾取されていた「国(国家)」に返還される(すでに返還は実施されている)

とのこと。(東南アジアの国々や日本などに返還されたという情報も過去にありました。)

資金(GOLD)が返還された国々にて「GESARA用資金(例えば、還付金・UBIや通貨の金裏付け用など)」として利用されるのではと考えられます。

また「返還」した後にも膨大な金塊が残る模様で、それらは世界各国のGESARA用資金(還付金・通貨の金裏付けなど)として分配されているようです。

2)中国のドラゴンファミリー(長老たち)が保有し続けてきた金(GOLD)

2)中国のドラゴンファミリー(長老たち)が保有し続けてきた金(GOLD)

Qプランの話の中で度々「中国の長老たち」というワードが出てきます。

この「中国の長老たち」というのは、複数存在する「中国のドラゴンファミリー」と呼ばれている組織を指し示しており、この「中国のドラゴンファミリー」が古の時代から全世界の大半の金(GOLD)を保有(利権?)・管理してきたと言われています。

そう、元はと言えば「DS側と連携していた組織」とも言えるわけです。(情報としては、連携していた組織と反対に位置していた組織もあるようです)

現在、「中国の長老たち」はWHと連携(大切なパートナー)しており、Qプランの重要な推進者(存在)に位置づけられています。

そんな中国の長老たちが保有している金(GOLD)がQプランの資金源として提供されていると言われています。

主に当該資金(GOLD)は全世界の債務免除(ジュビリー)用の資金として充てられる予定

と言われています(という情報も存在している)。

これは私の見解(私見)となりますが

「中国の長老たちが管理・保有している金(GOLD)」の一部(割合はわかりませんが)は前項1の「DS資産」と重なっているのではと思っています。

そのように考えないと「中国の長老たちは全世界の大半の金(GOLD)を保有している」といった情報があるのですが、その内容と相反してしまうこととなるからです。(DSと長老たちと本当はどっちが大半のGOLDを所有していたの?という理屈に合わない状況となってしまいますので)

3)古の時代から蓄積・隠されて続けてきた資金

3)古の時代から蓄積・隠されて続けてきた資金

WH情報によると古の時代から蓄積・隠され続けていた資金が複数存在しているとのこと。例えば

サンジェルマン・トラスト資金

などというワードを情報の中で良く見かけることがあります。

正直、具体的な内容に関しては、私的に興味対象外(笑)なため詳しいことはわかっていないのですが、いずれにしても、こちらも莫大な資金が存在しているとのこと。

当該資金は主に「人道的プログラム保持者への支援金」として活用されているようです。(ティア1~4のための資金に)

「還付金」「UBI(ユニバーサルベーシックインカム)」関連情報

「還付金」「UBI(ユニバーサルベーシックインカム)」関連情報

既に一部の国・地域では実施(テスト実施を含む)されている「UBI(ユニバーサルベーシックインカム)」及びGESARA公開後に実施予定と言われている「還付金」に関するWH情報を精査の上、記しておきたいと思います。

「還付金」とは!?

「還付金」とは!?

「給付金」との表現を見かけることがありますが(私も便宜的に給付金と表することもあります)、基本的に「NESARA(GESARA)」に示されている

今までに支払っていた不当な税金(所得税)の還付(還付金)

が実施されます。(ここまでのWH情報に所得税の還付は全世界共通で必ず実施される要素として語られています)

次に以前(2021年以前)は情報として見かけることがありましたが、2022年以降のWH情報にて見られなくなった要素にて、「還付金」対象の可能性がありそうなのが下記です。(ただ状況から可能性は低まったと感じています)

*各種ローン(住宅ローン・車ローン・カードローン)の利息

また「還付」とは少々意味合いはことなるかもしれませんが、国ごとに事情が異なる(制度存在の有無)ため、全世界共通とは言えない要素として

*「出生証明書」などDSにより債券化されていた要素に対する金銭的返還

があると言われています。

少なくとも「米国」では「出生証明書 に対する金銭的返還がある」と言われています(WH情報の存在)。

その他国々を対象として個別の情報は現時点までありませんが、「日本」の場合は「戸籍関連書類」が存在。米国同様にDSにより債券化されている可能性も考えられます。

債券化されていた場合は「金銭的返還」の可能性もありそうです。

「日本」の場合は、全ての日本人が誕生と共にDSによって「特殊(闇)な生命保険」にかけられ、保険金を搾取されていたという話も存在。

これが事実であれば、「生命保険金の搾取」も「出生証明書の債券化」と同様な取り扱いとなる可能性もあります。(実態が不明のため、現時点ではあくまでも可能性の一要素となります)

「還付金」の還付方法

「還付金」の還付方法

還付金の還付方法に関する情報として、現時点で最有力な内容が下記です。

1)原則的に還付金は年齢に応じて数年間(数年間~11年間といった情報アリ)に渡って「分割給付(還付)」となる

2)還付金額は「年齢」によって異なる(利息の返還が含まれるようだと、人それぞれで異なる可能性もあり)

3)基本として新たにQFS上に創設される「個人用QFS口座」へ還付金が入金されるとのこと。当該資金の移動(既存銀行口座への移動など)などは今後支給される「Qフォン(QFSPCも含む)」で操作することに

4) 「個人用QFS口座」 への入出金及び決済用の「QFSプリペード式カード」が各個人に配布。当該カードにて日常的な買い物などの支払い・決済ができるようになるとのこと

「還付金」は毎月の分割給付となる可能性が高いため、当初はUBIと同じような位置づけで運用される可能性もあるのではと考えています。(例えば、言葉的にはユニバーサルベーシックインカムとして給付されるといった可能性も)

「還付金」給付のタイミング

現時点までの情報から推察されるのは、「還付金」の給付はGASARA公開後、早々に実施されると考えられています。

更にWHによる世界一斉給付(QFS口座へ)の可能性が高いのではという情報もありますが、「国ごとに対応する可能性(国ごとに少々タイミングが異なる)」も一応念頭にしておくべきと思っています。

「UBI( ユニバーサルベーシックインカム )」とは!?

「UBI( ユニバーサルベーシックインカム )」とは!?

「UBI( ユニバーサルベーシックインカム )」とは、全ての人々(何歳以上といった年齢の下限設定はあるようです)に対して「毎月一定額の通貨(生活資金)を給付する」仕組みです。

現時点(2023年1月14日時点)で既に一部の国(ロシアなど)・複数の地域(ウクライナ東部地域、アラスカ州など)にて限定的もしくはテスト的なUBIが実施されています。

「UBI」は国ごとに異なる内容(金額など)で実施!?

「UBI」は国ごとに異なる内容(金額)で実施!?

全ての国々で「UBI」は実施予定と言われていますが、現時点までに「UBI」に関する詳細なWH情報は見かけたことがありません。

それもそのはず、世界各国それぞれで文化・生活スタイル・物価・価値観などが大きく異なっています。それゆえに

「UBI」の具体的な施策内容(時期・金額など)は国ごとで決定・推進する

と考えられています。

「RV(通貨再評価)」によって、全ての通貨の為替レートが「1:1」の関係性となると言われていますが、全ての通貨が同価値となるまでには、数年の時間が必要と考えられています。

更に「物価」は通貨の同価値化が済んでから、全世界での均一化に向かって調整されていくわけですから、十数年程度の月日は必要に。

そんな最終形態に達するまでの間は、各国ごとにて「UBI」の内容を定めて実施していくことになるわけです。

「UBI」の実施タイミング

「UBI」は各国ごとに内容を定めて、実施していきますので必然的にGESARA公開後に実施予定のGESARA選挙によって、新たな政治家を選出。

その新たな政治家たちが「GESARA法」に沿った形で「UBIの実施計画」を策定し、実行する(UBI開始)という流れとなると思われます。

2023年1月14日雑談&その他情報Qプラン, 給付金, 資金

Posted by unkiup