「GCR/RV関連情報」イラク動向!今週(5月6日~11日)の注目要素

雑談&その他情報

イラク国内動向!外国為替取引の仕組み改革の動き!?

今週(5月6日~11日)注目しておきたいイラク動向をピックアップ。

イラク動向!今週(5月6日~11日)の注目要素

イラク動向!今週(5月6日~11日)の注目要素

GCR/RVに関連して、現在注目を受けているイラク。前回記事でお話したように、イラクではイラクディナール(自国通貨)のRV(通貨価値再評価)を達成するための現実的な施策が推進されています。

現在、様々な施策の成果が表れてきている状況。今週(5月6日~11日)イラク国内動向において注目しておきたい「2つの要素」を取り上げておきたいと思います。

1)イラク国内一般市場でのイラクディナール為替レート動向

イラク国内一般市場でのイラクディナール為替レート動向

イラクディナールの為替レートはイラク政府が公式提示している「公式為替レート」の他に、国内一般市場にて取引されている(闇取引を含む)「市場為替レート」が存在しています。

現在、イラクディナールの公式為替レートは米ドルに対して

1310IQD

となっています。

ただ、もともとイラクでは「米ドル」が経済の中心通貨となっていたため、イラク国内市場では

1500IQD以上

で為替取引されていました。

イラクディナールのRV(通貨価値再評価)を行うためには、事前に少しでも「公式為替レート」と「市場為替レート」との格差を縮めておく必要があります。

イラク政府&イラク中央銀行(CBI)は格差解消たのめの様々な施策を実施。ここに来て、その成果(イラクディナールの価値向上)が見られてきています。

市場為替レートは常に変動していますので、あくまでも目安となりますが、直近で

1452.5IQD

での取引が確認。着実に

イラクディナールの価値向上(イラク国内市場での為替レートUP)

が成されてきています。

今週(日本時間5月6日~11日)は、更なるイラクディナールの価値向上(市場為替レート)が推進される可能性に要注目となります。

2)イラクの WTO(World Trade Organization:世界貿易機関)加盟発表の有無

イラクの WTO(World Trade Organization:世界貿易機関)加盟発表の有無

個人的な見解(推察)としては、現時点で実質的に「イラクはWTOへの加盟が認められている」と判断しています。

ここまでイラクはWTO(世界貿易機関)と何カ月(1年以上)もの協議を重ねてきており、その結果として再加盟するための条件をクリアー。実質的にWTOへの再加盟が承認されていると考えらるのですが、現時点では・・・まだWTO(世界貿易機関)から

公式の加盟(イラク)発表が行われていない

状況です。

現状、噂レベルの話となりますが

日本時間5月7日~10日の期間中に「イラク再加盟」に関する公式発表が成される可能性がある

とのこと。

イラクのWTO再加盟公式発表の有無は、イラクディナールRV(通貨価値再評価)を実行するための必要条件との考え方があります。(発表はなくとも、実質的にWTOへ再加盟承認となっていれば条件はクリアーされているという考え方もあります。)

いずれにしても「イラクのWTO再加盟」は

GCR/RVを大きく進展させる出来事

となりますので、今週のWTO関連情報(発表の有無)に要注目です。